『Ptengine』登録方法の流れ

『Ptengine』登録方法の流れ!無料でヒートマップが利用できる

『Ptengine』登録方法!ヒートマップが無料利用できる

Ptengineの登録方法一連の流れを画像で説明します。

まずは『メールアドレス』と『パスワード』を無料登録します。

【Ptengine】公式サイト>> http://www.ptengine.jp

Ptengine
『メールアドレス』と『パスワード』をして、利用規約ににチェックを入れて『まずは無料で登録』ボタンをクリック。

Ptengine
そうすると自動返信で登録メールのこのような件名【Ptengine】本登録のお知らせメールが届いているはずです。
メール認証する為にURLをクリックします。

Ptengine
今度はこちらの画面が開き、必要事項を入力していきます。
企業でなければ登録メールアドレスと電話番号の記入だけでOK。
そして『利用規約に同意する』にチェックを入れ、下段の『入力内容の確認』をクリック。

Ptengine
再度、『入力内容の確認』画面。問題なければ『確定』をクリック。

Ptengine
メール認証が完了しました!と表示されれば『Ptengine』の利用開始です。

Ptengine
メールボックスには件名『【Ptengine】メール認証が完了しました』と届いています。


Ptengine
メール認証が完了したので、上記のURLから『Ptengine』のログイン画面へ


Ptengine
『Ptengine』の推奨環境(PC)がOSでWindows7, Windows8.1, MacOS。
ブラウザは『Chrome(クローム)』『Safari』『Firefox』となっています。残念ながらIE(インターネットエクスプローラー)は推奨されていません。ご利用時は上記のブラウザをインストールして下さい。
※ブラウザがIE利用者にはこの画面が表示されます。

再度、ログイン画面へ  http://report.ptengine.jp/

Ptengine
ご登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

Ptengine
初めてのログイン後、まず『プロファイル登録』をします。

Ptengine
プロファイルを作成します。
『プロファイル名』に解析したいご自身のサイト・ブログタイトルを入力。
『ドメインの種類』にそのサイト・ブログのURLを入力。
『サイトの種類』を選びます。今回は『ブログ』を選択。

最後に『次へ』

Ptengine
解析コードが発行されます。
赤枠内の解析コードをコピーしてご自身のブログやサイトに貼り付けます。
<body>解析コード</body>

貼り付けたら『次へ』で進みます。

Ptengine
ここで追加ボーナスのオファーがあります。
内容は通常無料でPtengineを利用する際、月間利用PV数が25,000PVまでと制限されていますが『Ptengineバッジ』と言うものをご自身のサイトに表示させる事でその制限枠が無期限で35,000PVにアップします。

希望者はバッジ横を『ON』にして『バッジ設定画面』をクリック。

Ptengine
色んな種類のバッジがあるのでサイトデザインやお好みに合わせて選択。
今回は上から2番目のシンプルバッジを選びました。

Ptengine
最後に『保存』します。
『バッジがお客様のサイトに表示されました!』となればご自身のサイトをご確認下さい。
またこのバッジの表示場所も「左」「中」「右」と選択可能です。

Ptengine
さっそく『Ptengine』の解析レポートを見てみましょう。
その前にこのPtengineの特徴である1つが無料でヒートマップが使える事です。最初に登録が必要です。まずはネジマークの『プロファイル設定』からヒートマップをクリック。
利用の際、ヒートマップデータはWeb、各種媒体等で一般公開される事に同意する必要があります。
問題ないようであればチェックをして『次へ』

Ptengine
現在未登録なのでヒートマップのデータがありません。さっそくご自身のサイトやブログURLを入力して『Add』ボタンをクリックします。


はい、以上が『Ptengine』の登録までの流れでした。


ご登録がまだの方はコチラから

【Ptengine】公式サイト>> http://www.ptengine.jp